まるっと文化祭2022

日時

10月16日(日)13時~16時20分

内容

第1部 13時00分~13時25分 オンライン交流会「まるっと会」
第2部 13時30分~14時30分 当事者10組、11名の動画配信 各5分程度
第3部 14時30分~16時20分 平井正明氏と鈴木大介氏のトークセッション

登壇者

第2部

金井 一弘 株式会社星湖舎「チーム闘病記」代表
島本 昌浩 バリアフリーチャレンジ!代表 / 職業訓練生
清水 まり 清水まりMusic School代表
白石 真弘 失語症リハビリモデル
反町 公紀 ワークマンパート勤務 / 就労支援事業所利用者 / パラアスリート)
反町 由美 当事者家族
高木 義昭 株式会社スタジオドッグラン代表取締役
辻 寛之  就労継続支援B型事業所workwork代表
橋本 晃治 橋本ぶどう園
松川 力也 合同会社RESTA代表 / 一般社団法人tsunagari代表理事 / 一般社団法人脳卒中フェスティバル実行委員会理事
宮本 璃佳 Cheer Dance Club Angelics 代表

第3部

平井正明

1961年生まれ、奈良県在住。2017年56歳の時MCIもしくはアルツハイマー型認知症の初期段階との診断を機に退職。2018年(一社)「SPSラボ若年認知症サポートセンターきずなや」で活動開始。当事者自らが活動する団体「まほろば倶楽部」を設立。2020年より奈良県委託事業「奈良県若年性認知症サポートセンター」ピアサポーターに従事。若年性認知症当事者・家族のピア相談、集いの場作りに取り組んでいる。

鈴木大介

女性や子ども、若者の貧困問題などを主なフィールドとするルポライターだったが、2015年、脳梗塞を発症、高次脳機能障害の当事者に。これまで取材する側であった「生きづらさ」を抱えた人と同じ立場となったことで見えてきた世界について情報発信をしている。病後の代表作は『脳が壊れた』『されど愛しきお妻様』『脳コワさん支援ガイド』(2020日本医学ジャーナリスト協会大賞受賞)など。

視聴方法

時間になったら、この動画をクリック!

まるっと会申し込み

第1部のみ、申し込みが必要です。

こちらを読んで、ご登録をお願いします。おってメールを差し上げます。

第2・3部はYouTube無料視聴、申し込み不要

時間になりましたら、こちらをクリックしてご視聴ください。

チラシ

時々細かい変更があります。このページでは最新版を掲載しています。

問い合わせ

NPO法人Reジョブ大阪

npo.rejob@gmal.com


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です